村方乃々佳ちゃん2歳でCDデビューのきっかけと毒親

芸能

彗星のように現れ、まだ2歳で最年少で記録づく目の乃々佳ちゃん

どんな子なのか気になったので調べてみました。

村方乃々佳ちゃん2歳でCDデビューのきっかけ

村方乃々佳(むらかたののか)

2018年5月31日生まれ

2020年11月第35回童謡こどもの歌コンクール史上最年少銀賞受賞

コンクールで歌った「いぬのおまわりさん」は動画で日本だけでなく韓国でも拡散されて再生回数1900万回にのぼる。

2021年1月YouTubeに「ののちゃんねる」開設

5月26日 3歳の誕生日を前にキングレコードから史上最年少ソロ・アルバム「ののちゃん2さいこどもうた」リリースした。

CM、歌番組、バラエティ番組出演で人気を集めていますね。

『歌って、笑って、こねこと遊んだ ちいさいののちゃん』6月に単行本発行

これは、3匹の仔猫とのフォトブック

おじいちゃん達に人気だそうです。

ののかちゃん毒親

毒親は自分たちの収入を得るために子供をだしに使って稼いでいる

心配なのは自分の意志を犠牲にして親の為にいい子でいる性格になってしまいそうなこと

子供はだんだん成長していきます。

今のののかちゃんはお人形みたいに可愛いです。いつか親に反抗したり、将来に悩んだりします。

どんな親かは表に出てきませんが、母親は昔保母さんをしていたという噂があります。

ののかちゃんに批判的な人もいます。

童謡だけでなくあいみょんさんの歌を歌って可愛くない所もあります。

まとめ

ののかちゃんは、童謡コンクールで銀賞を取ってからテレビやYouTubeで話題になった。

CDデビューや本を出版、大人の金儲けに振り回されている感じがしました。

ののかちゃんが大きくなった時どうなっているのか楽しみです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました