テレビ

上白石萌音「カムカムエヴリバディ」の朝ドラのロケ地はどこ?

 

2021年後期NHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴりバディ」が「おかえりモネ」の後に始まります。

カムカムはヒロインが3人

深津絵里、川栄李奈、上白石萌音

3人は3世代に渡って描かれている物語です。

どこの地区のドラマなのか気になりますね。

今回調べてみました。

「カムカムエヴリバディ」のロケ地はどこ?

ヒロインである安子は大正14年岡山市内の和菓子屋「たちばな」で生まれました。

ロケ地はおそらく岡山であることがわかります。

東京都葛飾区にある「菓匠岩月」はドラマなどの撮影によく使われていて、今回のドラマ「カムカムエヴリバディ」にも使われる可能聖は大いにあります。

候補にあがっているロケ地は、東京、岡山、大阪

安子(上白石萌音)の運命を動かす出会いで、登場するのが大学生雉真稔(松村北斗)家業の繊維業を海外に展開させることを目指しているのがキーワード

繊維業で有名な町が倉敷市

現在倉敷紡績が日本の繊維業の大手メーカーであり、観光地として発展させたきっかけとなっています。

倉敷も有力な候補地ですね。

ストーリーは

祖母安子役は上白石萌音

 

るい役(安子の娘でひなたの母親)深津絵里

ひなた役(安子の孫)川栄李奈

上白石萌音さんはドラマ「恋はつづくよどこまでも」をきっかけに「オー!マイーボス!恋は別冊で」で人気上昇中です。

カムカムの安子役もオーディションで獲得して期待できそうですね。

1世代目安子が生きた時代は、大正末期から昭和にかけて舞台は岡山

20歳そこそこで結婚した安子は夫を戦争で亡くし、戦後に始まったNHKラジオ英語講座で自分の運命を切り開いて行くストーリー

安子は娘を置いて渡米

3人はラジオ英語を聞き続けて夢の扉を開いていくことから「小さな一歩の積み重ねが人生を切り開いて行く」につながる話

 

まとめ

昔からみんなに親しまれたラジオ英語講座

「カムカムエヴリバディ」は年配者にとっては耳に馴染んだ言葉です。

この「カムカムエヴリバディ」にはモデルがいないので藤本有紀さんオリジナル脚本

英語をマスターするのはラジオの英語講座を毎回続けて聞くことだと言うことと親から言われて久しい

中々続けられなかった経験をこのドラマはどう克服したのかも興味深い

始まったら観てみたいですね。

 

 

-テレビ

© 2021 趣味を楽しもう Powered by AFFINGER5