テレビ 未分類

【ドラマ】アンナチュラル第1話はコロナを予言していてヤバイ

 

ドラマアンナチュラルは2018年冬のドラマで脚本は野木亜紀子

オリジナル脚本でTBS連ドラ初主演作法医学ミステリー

主演は石原さとみ、井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊

2年たった今コロナでそのドラマが見直されている。

 

アンナチュラル第1話、名前のない毒

そある日、中年夫婦がUDI(不自然死究明研究所)を訪ねてきた。

一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因が「虚血性心疾患」(心不全)。

病名に納得いかないので解明して欲しい

息子は、まだまだ若く、山登りが趣味だというぐらい身体も丈夫で元気だった。心不全という死因は、不自然すぎる。なにか、ほかの原因があるのではないか。

ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かった。

心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。

薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。
そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚敷島由香が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことがわかる。

高野島のアパートでミコト、六郎、東海林が調査をしていると、婚約者・馬場路子が現れる。
馬場の仕事は、高野島と同じ会社で劇薬毒物製品の開発をしていた。
馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら……。既存の毒物と比較検出するだけの、現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」を検出できない。

高野島はサウジアラビア出張先から帰国

風邪を引いて土日で急速に悪化したことがわかる

中東呼吸症候群マーズと判明

病院でMERSコロナ感染したことをわかる

接触者はPCR法陰性か陽性か判定する。

高野島は病院に健康診断に行った時に院内感染して死亡した話だった。

まとめ

あの当時ドラマを観てもMERSコロナ感染という言葉は聞いたことがなかったし

気にも止めなかった。

今年コロナ禍で日本で次々呼吸器をやられて芸能人が死亡したニュースで目の当たりにした

あらためてこのドラマをみてコロナの予言のように感じた。

法医学関係のドラマは多いがこれは画期的でした。

再放送は期間限定でGYAOで観れます

 

 

-テレビ, 未分類

© 2021 趣味を楽しもう Powered by AFFINGER5