グルメ

「ピスる」はタピオカの後に流行るスイーツ

タピオカは数年間爆発的に売れましたね。

「ピスる」はピスタチオを食べるという意味です。

ピスタチオは淡い緑色の実と硬い殻でおおわれているのが特徴です。

カシューナッツと同じウルシ科の植物で地中海沿岸砂漠地帯で生えていた植物です。

最近はコンビニでもピスタチオのスイーツ商品を売っています。

ピスタチオは何がいいの?と思いませんか?

どんな効果があるのか紹介しますね。

 

 

タピオカの効果は?

アンチエイジング、美肌、ダイエット、眼病予防、疲労回復、便秘予防、ガン予防

などたくさんの効能があります。

タピオカはビタミン・ミネラルなどの栄養価が高く高級感があるので日本では「ナッツの女王」と呼ばれています。

細かくみていきましょう。

 

ビタミンB2

皮膚や粘膜の維持、ビタミンB2は光に弱いため直射日光のあたらない場所に保存

ビタミンB6

タンパク質からエネルギーを生成し筋肉や血液を作る

オレイン酸リノール酸

ピスタチオの半分は脂質でできていて太りやすいと思うかもしれません

脂質のほとんどは不飽和脂肪酸で体脂肪になりにくいのでダイエットに最適です。

オレイン酸やリノール酸は悪玉コルステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きがあります。

ルテイン ゼアキサンチン

カルテノイドの一種で抗酸化作用があり有害な紫外線やブルーライトから目を守る働きがあります。

これが不足すると白内障につながります。

緑黄色野菜に多く含まれるがピスタチオは他のナッツ類を押さえてダントツ一位の含有量があります。

他にも

βカロチン、カリウム、鉄,銅、食物繊維、と栄養素が豊富です。

気をつけないといけないのは1日の摂取量を25グラム以内にすることです。

美味しいからと食べ過ぎるとカロリー過多になってしまいます。

紫色のカビは注意が必要です

そのカビがついたピスタチオを食べた人が死亡した報告がありました。

まとめ

ピスタチオはあまり馴染みがなかったナッツでしたが、色々な効能がありパソコンやスマホで目を酷使する現代人にとって目を労る効能があることがわかりました。

健康維持のためにピスタチオを食べましょう。

 

-グルメ

© 2021 趣味を楽しもう Powered by AFFINGER5